酵素が入っていると何が違う?酵素入り青汁の効能・メリット

酵素入りの青汁のメリットとは?

青汁 酵素
青汁のことを調べていると、酵素入りの青汁を見かけることがあります。青汁それ自体が栄養たっぷりで体に良いのですが、そこに酵素が加えられていると、いったいどのような効能があるのでしょうか。

まず、酵素とはなんぞやというのを述べておきましょう。酵素の働きは主に「消化」と「新陳代謝」の効率を向上することです。消化とは、食べ物の消化のことです。体内に取り入れた食物を無駄なく消化することによって、栄養素を効率的に吸収することができます。新陳代謝とは、それらの栄養素を、身体の成長や体力の増強に不可欠な「エネルギー」に変換する働きのことです。無駄なく消化され、吸収された栄養素を効率的にエネルギーに変換する。この一連の流れを担うのが「酵素」であるわけですね。人体にとって非常に大切なものであることはお分かりいただけるのではないかと思います。

酵素入りの青汁とは、それだけで人体に有益な栄養素を摂取できるばかりでなく、それを消化し、エネルギーに変換するという一連の働きを助けてくれるものでもあるわけですね。ですから、酵素入りの青汁を飲めば、青汁の栄養素を無駄なく吸収し、エネルギーに変換することができるのです。それが普通の青汁よりも健康に寄与するものであることは言うまでもありません。酵素入りの青汁を飲むメリットはまさにここにあるのです。

どうして最近は酵素入りが多い?

酵素青汁の特徴
酵素は熱に弱い成分であるため、熱処理によって作られる青汁には、酵素はあまり含まれていません。ほとんどが壊れてしまうのです。そして従来の青汁のほとんどが、熱処理によって加工されてきましたので、酵素の含まれていないものが圧倒的多数を占めていたのです。

では最近になってなぜ酵素入りの青汁が多くなってきたのか。それはフリーズドライ製法という、熱処理でない製法が確立されたからです。酵素の多く含まれる青汁は、まず生の状態で凍結され、それを粉砕するといった形でつくられます。低温で処理をすることによって酵素を活かしたまま袋詰めにすることができるのです。この技術は革新的と言ってよく、メリットが大きいため、今では主流の製法となりつつあります。酵素入りの青汁のほぼすべてがこの製法で作られていると考えて良いでしょう。昔の人は酵素入りの青汁を飲めなかったわけですが、現代の私たちは、お金さえ払えば、それらの上質な青汁を飲むことができます。青汁を飲むのであれば、酵素入りのものを選んだほうが良いと私は思います。

以上、青汁と酵素について見てきました。これから青汁を飲むことを検討されている方は、ぜひ酵素入りの製品も見てみてくださいね。

Copyright 肌荒れや首のイボが気になる方必見の人気商品紹介 2017
Tech Nerd theme designed by FixedWidget