UQモバイルが一人勝ちなのは独自システムがある


UQモバイルには独自のサービスがある

UQモバイル
格安SIMは一時たくさんのユーザーが飛びつきましたが、サポートがない等で結局キャリアに戻ってしまうという声も少なくはありません。

格安SIMはある程度自分で調べることができるユーザーや自宅にパソコン、ネット回線、wi-fiなどの設備が整っている条件になり、一人暮らしなどを始めるからといって飛びつくとサポートなどもない、問い合わせの時間も間に合わないなどを食らうことも少なくはありません。

またキャリアを利用していた際に6GBで半分も使わなかったから格安SIMに乗り換えたらあっというまに上限の3GBになったなどもよく聞く話です。

UQモバイルも上限は3GBになりますが、この状態を打破するために独自のサービスとして「ターボモード」があります。

ターボモードはUQモバイル独自のサービス

ターボモードは低速回線になり、動画などの読み込みは遅くて使うことができません。最高速度でも300kbpsになり、ユーチューブやニコニコ動画、ニコニコ生放送などは読みこみすらできない状態になります。

ですが、それ以外のLINEやツイッター、各種SNS,ソーシャルゲームなどをやる分には問題の無いものでもあります。ターボモードにすることで動画サイト以外は問題なく楽しむことができるというものです。

動画サイトなどを楽しみたいときはwi-fiのある場所か自宅のパソコンなどになりますが、外出先などで動画サイトを利用することはないという人ならば、UQモバイルのターボモードにすることで日常生活に不便なく格安SIMで満足を得られるようになり、各種料金などのコストカットにも繋がります。

このことからも格安SIMのなかでもUQモバイルは一歩先に出ている状態であり、ユーザー数が爆発的に増えている状態です。

ユーザー数が増加してもこのターボモードを使うことで回線の子見合いなどは回避できる部分などもUQモバイル独自のシステムといってもいいでしょう。

Copyright 肌荒れや首のイボが気になる方必見の人気商品紹介 2018
Tech Nerd theme designed by FixedWidget