青汁を飲んで体調不良?青汁のデメリットや飲んではいけない人とは?


青汁は健康にいい飲み物ですが、飲み方を間違えると体に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。

「青汁の副作用を知りたい」
「デメリットを知りたい」

そのような方も多いのではないでしょうか。そこで当記事では、青汁の副作用やデメリットについてお話ししたいと思います。

青汁に副作用はあるの?

青汁と副作用

青汁はただの健康食品です

青汁はただの健康食品です。いわば野菜の搾り汁なのですから、副作用の発生する恐れのある医薬品成分は含まれておらず、副作用は発生し得ません。

ただし、飲む量を間違えたり、あるいは特定の病気の人が飲んだりすると、体に悪影響が及ぼされる可能性があります。

飲みすぎor飲んじゃいけない

つまり青汁によって体調不良が引き起こされるとすれば、それは多くの場合、青汁の「飲みすぎ」か、もしくはそもそも青汁を飲んではいけない人が飲んでしまったかのどちらかに振り分けられるでしょう。

青汁を1日に何杯と飲めば、おなかが緩くなったり、食物繊維の摂りすぎで便秘になったり、吐き気がしたりするかもしれません。

また、お医者さんに「あなたは〇〇という病気だから、この栄養素を摂ってはいけない」と指導されているにも関わらず、その栄養素の含まれた青汁を飲めば、当然体調不良や症状の悪化が引き起こされます。アレルギー持ちの方は特に注意が必要です。

飲みすぎに注意する、あるいは自分が本当に青汁を飲んでいいのかどうかを知るようにすれば、青汁によって重大な健康被害が引き起こされることは、まずありえないといってよいでしょう。

飲みすぎは尿路結石の原因にも

青汁の飲みすぎは尿路結石の原因にもなります。青汁にはシュウ酸の含まれているものもあるからです。

シュウ酸は体内でカルシウムと結合して微細な石に変身します。これが尿路に詰まることを尿路結石と呼ぶのです。これはきわめて強い痛みを伴う病気であることで知られています。

痛い思いをしたくなければ、青汁の飲みすぎには気を付けましょう。ちなみに、ケールやモロヘイヤ、明日葉はシュウ酸の含有量が少ないので、尿路結石が怖ければそれらの植物を主原料とする青汁を飲むようにするとよいでしょう。

青汁を飲んではいけない人とは?

ワーファリンを服用中の人

ワーファリンとは、血液の凝固を防ぐ薬です。この薬を服用中の人は、青汁を飲んではいけません。それは何故かというと、青汁には血液をサラサラにする働きを持つビタミンKが含まれているからです。

薬の効果が弱まってしまうので、病気が完治するまでは、青汁を飲むのは控えたほうがよいでしょう。

腎臓病の人

腎臓病の人も、青汁を飲むのは控えたほうがよいでしょう。何故なら、青汁にはカリウムが含まれているからです。

カリウムは不要分は腎臓の働きによって体外へ排出されますが、腎臓病など当該器官の働きが弱まっている方がカリウムを摂ると、これが外に排出されず蓄積し、高カリウム血症が発現する恐れがあります。腎機能が正常であればカリウムを摂取しても問題ないのですが、腎臓病の人は注意しなければなりません。

青汁のカリウム含有量はコップ1杯あたり20~200㎎程度ですが(腎臓病の人のカリウム摂取量は1500㎎以下に制限される)、それを飲むことでその他の食事がより厳しく制限されることになるわけですから、青汁を飲むのは控えたほうが良いです。

C型慢性肝炎の人

C型慢性肝炎ウィルスは、肝臓に長期間にわたり炎症を発生させます。これが長く続くことにより肝臓の機能が低下し、働きが鈍くなってしまうのです。

このC型慢性肝炎に罹っている方が青汁を飲むと、肝臓に「鉄」が溜まりやすくなり、これによって活性酸素の生成が促進され、肝細胞がダメージを受けて、症状が悪化してしまう恐れがあります。

青汁には鉄分が含まれていますので、C型慢性肝炎の方は、青汁を飲まないほうがよいでしょう。

以上、青汁の副作用やデメリットをご紹介いたしました。

特にオススメの青汁特集→人気のフルーツ青汁厳選

Copyright 肌荒れや首のイボが気になる方必見の人気商品紹介 2017
Tech Nerd theme designed by FixedWidget